とっさの判断で自殺する人はあまりいません。自殺に先立つ何日も前、或は何時間も前からその兆候や手掛かりがあるものです。

最も顕著で警戒を要するのが、「もうやっていけない」とか、「もうどうでもいい」とか、或は「全てお終いにする」のような言葉です。そのような言い方は常に本気で受け止める必要があります。

この他にも次のような兆候が良く見られます:

  • 塞ぎ込んだり、引っ込み思案になる
  • 行動が投げやりになる
  • やりかけの諸事を片付け、貴重品を処分する
  • 行動、態度、外見に目立った変化が現れる
  • 麻薬の乱用又は過度の飲酒
  • 大きな損失を蒙るか、又は生活が大きく変わる

これ以外にも次のような例があります。いずれも誰かが自殺を考えている兆候です。勿論このような状況は多くの場合実際には自殺に至りません。しかし一般的には、このような兆候が多く観察されればされるほど、その人の自殺のリスクは高いと言えます。

状況

  • 性的な乱暴や身体の悪用
  • 自殺や暴力の家系
  • 親友や家族の一員の死
  • 離婚又は離別、(異性との)関係に終 止符
  • 学業不振、間近に迫る試験、試験結果
  • 失職、職場で困難に直面
  • 間近に迫る訴訟
  • 最近の刑務所入り又は近づく釈放

行動

  • 泣く
  • 喧嘩
  • 違法行為
  • 衝動的
  • 自分の身体を不具にさせる
  • 死や自殺について書く
  • 過去において自殺に関る行動
  • 極端な行動
  • 行動に変化

見た目に分かる変化

  • エネルギーの欠如
  • 乱れた睡眠のパターン ‐ 睡眠過剰又は不足
  • 食欲不振
  • 体重が急に増加又は減少
  • 軽い病気によく罹る
  • 性的関心に変化
  • 外見が急に変化
  • 形振りを気にしない

考え方と感情

  • 自殺について思い巡らす
  • 孤独 ‐ 家族や友人の支えがない
  • 拒絶、のけ者にされた感じ
  • 深い悲しみ又は罪悪感
  • 狭い視野を超えて物事を見る事が出来 #12394;い
  • 空想に耽る
  • 不安とストレス
  • 無力感
  • 自分自身の価値に疑問

知人について心配があるならば、 (対応の仕方) のページを必ず読んで下さい.