私達は自殺しようと思えば出来ます。毎年 100 万人もの人達がこの道を選びます。自殺が違法またはタブーであるような国でも自殺は存在します。

自殺を考える多くの人にとって、それ以外に解決の糸口はないかに見えます。その時点においては、死が彼らの世界を表現します。自殺感を過小評価するのは間違いです。自殺感は真実であり、強力かつ切迫しています。簡単な解決策はありません

しかし以下の事も本当です:

  • 自殺はしばしば一時的な問題に対する永久の解答です
  • 人は塞ぎ込んでいる時、その時点における非常に狭い観点から物事を見勝ちです。 1 週間か 1 か月してみると、物事は全く違って見えるかも知れません。
  • 自殺をしようかと考えた事のある人達の多くは今では死ななくて良かったと思っているのです。別に死にたかったわけではないと彼らは言います。ただ苦痛から逃れたかったのです

最も大切な事は誰かに話す事です。自殺を考える人は自分一人で何とかしようとせずに、今すぐに助けを求めるべきです。

  • 家族の人又は友人に話す 家族の人、友人又は同僚に話すだけで肩の重荷が下りてほっとするものです。
  • ビフレンダーに話す 家族の人や友人に話せない人もいます。見知らぬ人に話す方が容易な人もいます。ビフレンダーのセンターが世界中にあります。ビフレンダー(友達になってくれる人)は貴方の話しに耳を傾けるよう訓練を受けたボランティアです。
  • 医者に相談する 長期に亘って塞ぎ込んでいたり、自殺を考えているような人は臨床的鬱病にかかっている可能性があります。これは体内の化学的不均衡によって起こる症状であり、通常は医者の処方薬で治療でき、更に/又は専門医への紹介で対処できます。 (詳細を教えてください).

「障害を乗り越える」には時間が重要な要因ですが、その間に何が起きるかも影響します。

自殺を考えるようになったら、その自殺感についてすぐに誰かに話すべきです。