静かに聞く!

誰かが塞ぎ込んでいたり、自殺を考えていたりする時、何か手助けしようとしがちです。助言をしたり、体験を語り合ったり、解決策を探そうとします。

しかし静かに聞くだけの方が良いものです。自殺を考えている人は問題の解答や解決策を求めてはいません。安全な場所で自分の不安や心配を表現する事を求めているのです。

本当に聞くという事は易しいことではありません。コメントをしたり、実話を持ち出したり、助言をしたり等、何か言おうとする気持ちを抑制せ ねばなりません。話している事柄だけでなく、話す人の心の奥底にある気持ちに耳を傾ける必要があります。物事を自分の観点からでなく、彼らの観点から理解 せねばなりません。

自殺を考えている人を助けるに当たって気を付けるべき点が幾つかあります。:

自殺を考えている人は何を欲しているのか?

  • 聞き手になってくれる人。 自分の時間をさいて聞いてくれる人。判定を下したり、助言をしたり、意見を述べるのではなく、ただ真剣に聞いてくれる人。
  • 信頼出来る人。 監督するのではなく、敬意をもって応対する人。全て秘密として聞いてくれる人。
  • 心配してくれる人。 時間を割いてくれる人、寛いだ気持ちにさせて静かに話す人。安心させ、受け入れ、信じてくれる人。関心を持ってくれる人。

自殺を考える人が欲 しないもの

  • 一人きりでいる事。 倍も悪化するように見えるかも知れません。相手にしてくれる人がいるだけで、事情がすっかり変わるものです。 聞く。
  • 助言される事。 お説教は無駄です。「元気をだせ」とか、「すべてうまくいくでしょう」のような元気付けも役に立ちません。分析、比較、分類、批判等も無用です。 聞く。
  • 尋問。話題を変えたり、哀れんだり、もったいぶらない事。感情について話すには困難が伴います。自殺を考えている人は急かされたり、守勢に立たされるのを好みません。 聞く。